クアラルンプールで打ちっ放し(ゴルフ)


こんにちは

 

昨日の記事(ゴルフ)でクアラルンプールでのゴルフ事情を少しご紹介させて頂きましたので、今回は練習の為の打ちっ放し場について記載させて頂きます。

ゴルフコースが多い事からも分かります通り、打ちっ放し場も豊富にございます!

 

1軒目はTPCKLです。

日本人家族がよく住むモントキアラ地区から直ぐです。

米国男子ツアーも行われる名門コースであり、その脇に打ちっ放し場があります。

注意点としては現金払いができない点です。

利用方法としては入り口脇にあるカウンターでカードにチャージを行います。(初回利用時は同じカウンターでカードを作ります(有料))。

MYR60で240球で、少し高めです。

1階と3階がビジター用で、2階は会員専用です。但し、1階はスクール用に場所が確保されているので、場所が限られています。

場所を確保したら、備え付けの機械で希望ボール数を押し、カードを読取場所にかざします。

ここは自動でボールがセットされるのが楽でいいですね。

(ここ以外で自動セットさる打ちっ放しは見た事がありません。)

尚、ボールの質も一番良いです。

 

2軒目はKGPAです。

場所は先ほどご紹介したTPCKLの裏にあります。

といってもゴルフ場同士が隣接した裏ですので、歩いてはいけませんが。

ここの打ちっ放し場所は、クラブハウスを抜け真っ直ぐ歩くと見つかります。

ボールの質はイマイチで、ここで距離感を掴むとラウンド時で使うボールの距離感に困惑します。

フォームの確認に使うのが良いかもしれませんね。

ボールの値段は100球MYR11とかなりお手頃価格です。

注意点としてはドライバー練習用のピン(ゴムのスティック)がなく、販売もしていないので、自分でピンを用意して行く必要があります。

 

この打ちっ放し場の良い点は直ぐ隣に練習用グリーンとバンカーがある事です。

特にバンカーは日頃練習不足、苦手と感じている方はここにくると良いかと。

 

3軒目はKota Damansara Driving Rangeです。

HPが見つかりませんでしたので、地図のリンクを。

こちらはドライビングレンジのみとなります。

ボール、マットは綺麗ではありませんが、TPCKLとKGPAの中間というかKGPAよりといったところでしょうか。

ボールは100球MYR10でお得感があります。

なお、こちらのドライビングレンジではドライバー用のピンを販売しておりますので、忘れたときも購入可能です。

 

4軒目はhttp://Templer Park Country Clubです。

会員用の名門コースです。但し、日本人関係の各種コンペをよく行っておりますので、ラウンドはその関係でくる事がよくあるのではないでしょうか。

そんなコースですが、こちらも脇にドライビングレンジがあります。

ラウンド前に少し肩慣らしするぐらいの使い方をする方が多いです。

ここのドライビングレンジの良いところは、終わった後にクラブハウスの日本食レストランで食事が可能ということでしょう。割と美味しい、街の普通の日本食レストランといったレベルです。

あと、このゴルフコースの特徴として、風呂があることです。

日本では一般的な風呂ですがマレーシアはシャワーのみが基本です。ですので、試した事がないので分かりませんが、ドライビングレンジで練習したあと、風呂で汗を流し、日本食レストランで食事をして帰るといった流れができれば最高ですね。

 

その他、行くつもドライビングレンジはありますので、適宜更新していきます!

「クアラルンプールで打ちっ放し(ゴルフ)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です