クアラルンプールの居住地区

こんにちは!

今回はクアラルンプールの日本人居住地区に関してご紹介させて頂きます。

(但し、これは企業から派遣された会社員の前提です)

日本人派遣社員の多い居住地区としては2つです。

1. KLCC/Bukit Bintangエリア

2. Mont Kiaraエリア

これからそれぞれの特徴に関して説明させて頂きます。

1. KLCC/Bukit Bintangエリア

この地区はペトロナスツインタワーがある地区であり、クアラルンプールにおける経済の中心地です。ですので、金融機関や商社といった日系企業も多く進出しています。

その為、職住接近でこの地区に住まれる日本人が多いです。

また、経済だけでなく、Suria KLCC, Pavilionといった商業施設も豊富にあることから子供がいないorまだ小さいご家族も多く住まわれています。

2. Mont Kiaraエリア

この地区はガイドブックなどでも日本人が多く居住されている為、日本人の赴任はまずMont Kiaraでしょうか?と話を受けることも多いです。実際、家族連れの多くはこの地区に住んでいます。

その理由としてはクアラルンプール近郊にある唯一の日本人学校へのスクールバスがこの地区を回っているからです。

ですので、特にMont Kiaraにオフィスがある場合でなければ、

->家族ずれ? – Yes

->子供はいる? – Yes

->学校に行く年齢? -Yes

->日本人学校に行く? -Yes

という条件でなければKLCCエリアを選ばれる方が多い印象です。

 

Mont Kiaraという地区は歩いて回るには不便なところであり、近場でも車で移動します。一方KLCC地区は徒歩でスーパーや大型商業施設に行くこともでき、車を出せば気軽にMont Kiara地区に行くこともできるため、利便性という観点からもKLCCが良いのかもしれませんね。

 

では、失礼します。

「クアラルンプールの居住地区」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です