パンダにも会える!マレーシア国立動物園!

こんにちは!

本日はクアラルンプール中心部から車で20分程度の距離にある国立動物園について紹介させて頂きます。

行き方はタクシー又はGrabで行くのが楽でいいでしょう。Zoo Negara(ズーネガラ)までと言えばわかる筈です。

なお、公式HPはこちらです。

基本情報は下記の通りです。

営業時間は午前9時から午後5時

チケット購入ブースは入り口の左手側にあります。下の写真正面が入場ゲートでその左側にある軽食屋さんとの並びです。

入場料は大人RM80, 子供(3歳から12歳まで)RM40.5です。二歳以下は無料です。

ASEAN料金も記載されていますが、マレーシアに滞在許可を持つ日本人もこの区分となります。パスポート(VISA確認)か移民局の発行する滞在許可証の対象となる方、全員が提示する必要があります。忘れた場合は提示した方のみASEAN料金です。

クレジットカードの利用はRM200を越えると可能になります。

 

レンタルベビーカーの貸出もしておりましたが、、、ぱっと見台数が少なく、帰り際には一台もなく受付スタッフもいなかったので当てにしない方がいいかもしれません。

2017年頃まで工事をしておりましたが、それも完了して割と綺麗になっておりました。また、2017年は入場料とパンダ観賞料が別でしたがいつの間にか纏まっておりました。ですので今は入場料を払えばパンダも観賞可能です。

 

さて、中に入ってみるとわかりますが、基本的に人は少ないのでのんびりと見て回ることができます。(隣国のシンガポール動物園と比較しても相当少ないです)ですので、餌やり等も順番待ちすることはほぼありません。

展示も日本で流行りの行動展示というものではなく、オーソドックスな動物園といった印象です。ただ、割と動物に与えられているスペースが広くその点はいいなぁと感じます。

さて、当動物園の一番の見どころとなるパンダですが、パンダ館として園内の一番奥まったところにあります。シンガポールのリバーサファリにあるパンダスペースと同様に、パンダのためだけの専用棟です。冷暖房完備です。(もしかしたら冷房だけかも笑)空気清浄機付きです。係員が常駐しており大きい音を出す、カメラのフラッシュを利用すれば直ぐに注意が入ります。本当に至れり尽くせりです。

シンガポールも同様なので、一瞬中国からの受け入れ条件なのかな?とも思いましたが上野動物園の状況を考えるとそうでもなさそうであり、、、不思議に思いながら観賞しておりました。

あと、パンダ館内ですが他の場所と比較すれば人は多いですが、それでもスカスカです。ゆっくりと気が済むまで観賞できます。

もし、パンダ好きの方がいらっしゃるようでしたら、Zoo Negaraはかなりオススメのスポットです。

 

では、こんなところで失礼します。

「パンダにも会える!マレーシア国立動物園!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です