Grab (グラブ)の利用方法

こんにちは!

クアラルンプールに旅行に来た際に、かなり役立つ交通手段としてGrab (グラブ)があります。

Grabは所謂’白タク’です。アプリから乗車場所と降車場所を指定し、ドライバーを呼ぶだけです。ただ、最近はJust Grabというサービスも内包し、一般のタクシーが来る事もあります。

なぜ、Grabなのかというは背景には何点か。。。

1点目は車社会という理由です。

今でこそ何本か電車が走っていますが、東京の様に細かく走っている訳ではありません。なぜかというと、ペトロナスツインタワーでも有名な国営石油企業ペトロナスがあるとおり、豊富な石油資源がありガソリン価格も安く、車移動が前提で街が作られています。

Bukit BintangやKLCCといった観光エリアには徒歩の方々がおりますが、少し外れると歩いている人が全くいないことに気づくと思います。

皆さん車での移動が常識となっている為です。(現地の方に聞くと、歩くのは危ない、というのも理由とのこと)

 

2点目は、タクシーの品質です。

今でこそGrabという競合に負けない為に多少良くなりましたが、数年前までは乗る前に価格交渉をする、メーターを利用することを約束させる、電話をするフリをして外部とつながっている事を示す、等々の対応が当たり前でした。

その様な状況下、乗車前にGrabが料金を定額で表示する。運転手の評価はGrabに反映され、問題となれば当該運転手の営業資格が停止されるといった仕組みにより、安全かつ安い!という事でGrabがタクシーに取って代わった形となっております。

 

3点目は観光地の場所です。

KLCC, Bukit Bintangは大丈夫ですが、ブルーモスク等郊外に足を延ばす場合は車しか手段がない場合があります。その様な時に役立ちます。

 

そんなGrabの利用登録は簡単です。

アプリでGrabを検索しインストール。初期設定も指示に従って行えば3分程で完了します。これは旅行者の方にも是非利用して頂きたいです。

別途記事を書こうと思いますが、マレーシアの空港では簡単に旅行者用SIMが購入できます。しかも1000円程度で。ですのでSIMフリーのスマホをお持ちの場合は日本でWi-Fiを借りるのでは無く、現地でSIM購入の方が圧倒的に安いです。

また、空港には無料Wi-Fiがある為、SIM購入までネットに繋げない事態も回避できます。

SIMを買ってしまえば、アプリをダウンロードし、あとは自由に使い放題で、現金後払いが可能でクレジットカード登録の必要もありません。

 

是非、Grabを使いこなして、現地の生活を体感してみて下さい!

「Grab (グラブ)の利用方法」への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です